日本VR学会 著作権規定

日本バーチャルリアリティ学会出版物の著作権の取扱い


日本バーチャルリアリティ学会香り・味と生体情報研究会研究報告に掲載された論文等の著作権の取扱いについては,次のとおりとなっておりますので,ご了承ください.

  
1.著作権の帰属
 (1)標記学会出版物に掲載された論文等(以下論文等という)の著作
       権は原則として本学会に帰属する.
 (2)特別な事情により前項の原則が適用できない場合は著者と本学会
       との間で協議の上措置する.なお特別な事情としては次のような
       例を想定する.
   ・依頼論文等であって,その内容が著者個人でなく著者の所属す
        る法人等に係るもので,著作権の本会への移転帰属に関し当該
        法人等の了解が得られない場合.
   ・特別講演記事などで著者の了解が得られない場合.
 
2.著作権の本学会への移転帰属による運用効果および運用上の措置等
 (1)論文等の著作権は本学会に帰属するが,著作者人格権は著者に帰
       属する.ただし,著者が著者自身の論文等を複製・翻訳等の形で
       利用することに対し,本学会はこれに異議申立て,もしくは妨げ
       ることをしない.この場合著者は本学会に申し.出を行い,また
       利用された複製物あるいは著作物中に出典を明記すること.
 (2)本学会は論文等の複製をおこなうことができる.ただし,この場
       合関係する著者にその旨了解を得る.
 (3)第三者から論文等の複製あるいは翻訳等の許諾要請があった場合,
       本学会は理事会において審議し,適当と認めたものについては要
       望に応ずることができる.ただしこの場合関係する著者にその旨
       了解を得る.
 (4)前項の措置によって,第三者から本学会に対価の支払があった場
       合には関係する著者に報告の上,本学会会計に繰り入れ学会活動
       に有効に活用する.
 
3.著作権侵害等に関する注意事項
 (1)執筆にあたっては他人の著作権の侵害,名誉毀損,その他の問題
       を生じないよう充分に配慮すること.
 (2)著者は公表された著作物を引用することができる.引用した場合
       はその出典を明示すること.
 (3)万一,執筆内容が第三者の著作権を侵害するなどの指摘がなされ,
       第三者に損害を与えた場合著者がその責を負う.
Comments