香り・味と生体情報研究委員会

日本バーチャルリアリティ学会
 香り・味と生体情報研究委員会について

本研究委員会は,人間の五感のうち「嗅覚」を中心にして,嗅覚の入出力デバイス,香りの情報表現,香り刺激による生体への影響などのテーマを取り上げて,嗅覚情報を VRシステムで用いるための知見を共有することを目的に,2008年より活動を開始しました.さらに,2014年1月からは「味」を加え,「香り・味と生体情報研究委員会」としてリニューアルしました.五感へ拡がるバーチャルリアリティ技術のフロンティア領域である嗅覚と味覚や,それらと他感覚との相互作用などをテーマとして活動していきます.VRの研究者だけでなく,香り・味・心理学の専門家,また香り・味ビジネスに携わる方々と,幅広く情報を交換していく予定ですので,興味のある方の参加を歓迎いたします.

研究会の活動

過去の研究会報告書およびフォーラム予稿集は,すべてフレグランスジャーナル社の「香りの図書館」に所蔵されています.

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年